• 株式会社トミテック

加工工場の廃業で製品がつくれない時に

どんなメーカー様でも、何十年も流動し続ける(製作し続ける)部品を1つ以上は抱えているのではないでしょうか。


その部品を使用している製品が市場で売れ続けている、又は製品のモデルチェンジが行われても便利な部品なので流用されている、という事が主な理由でしょう。


しかし、そんな部品にも『加工工場の廃業』という危機的状況が訪れる事があります。


部品が作れない事による製品の供給停止は一大事です。


当然加工出来そうな工場を他に探すのですが、その様な歴史のある部品の場合、再現するのがかなり難しいという問題が有ります。


主な理由は

  • 金型がかなり簡素な作りで、金型を製作した本人しかその部品を作れなそう。(簡素な金型が悪いという訳ではありません。試作等の場合はむしろ重宝します。)  

  • 管理図面がない=検査の合否判定が出来ない。

という事が挙げられます。


弊社では、その様な歴史ある部品の再現においても、下記の様に解決する事が出来ます。

  • 現行金型の診断…金型専門の部署を設けておりますので、現物を確認し必要に応じてメンテナンス・改造も行います。これを行う事により製品の安定供給が可能となります。 

  • 管理図面の作成…サンプル品が有ればそれを測定し、製図致します。

  • 管理図面をお客様と共有する事により、しっかりとした量産品の管理が出来ます。



最新記事

すべて表示

お客様より相談を頂きました。 商品ディスプレイ用の箱の、外装部品についてでした。 製作していた業者様が廃業してしまった様です。 現物品しかないが同じものを製作出来ないか?とのお話でした。 通常何かを製作する場合、必ず図面をもとに作業を行うのですが、今回のケースは「図面が無い」「図面以外にも製作にあたり必要な情報が少ない」というものでありました。 まずは現物を細かく検証し、図面にしなければスタート地

とあるお客様に大変有難いお言葉を頂きましたので紹介させて頂きます。 「うちはネジの商社なんだけど、いろんな業界のお客様がいてさ。ネジ以外にも見積依頼が結構来るんだよ。特に板バネとかプレス部品とか多いんだ。確かにネジを使うところには大体使うからね」「ところが長年ネジ専門でやってきただろ?板バネとプレス部品の知識がないんだよ。 仕事の間口を広げたいんだけどさ、知識がないから及び腰になってしまうんだよ」