• 株式会社トミテック

プレスによるアッセンブリーでコストダウンが可能に。

とあるギアにつき、プレス加工での御見積依頼を頂いた時の話です。

御見積書を提出した数日後、お客様を訪問し是非採用頂ける様お願いしていたのですが、その際に御見積をしたギアが、どの様に使われるのかが気になり聞いてみました。

どうやら切削加工したシャフトに溶接でアッセンブリーをする様です。

仕上がりは丁度傘の様なイメージでしょうか。しかし、大量生産部品である為溶接でアッセンブリーを行うとなるとかなりの時間を要し、結果コストも膨大であろう事は容易に想像が出来ました。


そこで、弊社の単発プレス機を使用したアッセンブリー(カシメ)が溶接の代わりになるのではないか、と思い付きお客様に提案する事にしました。

単発プレス機は材料を『抜く』『曲げる』だけでなく、場合によっては『物』と『物』をくっつける事が出来るのです。

これが実行出来れば、大幅作業時間の短縮=コストダウンが可能になります。


早速お客様に提案し試作を行う事になりました。

必要な強度をクリアする事もでき、当初想定していた溶接でのアッセンブリーに比べ50%のコストダウンが可能になりました。



最新記事

すべて表示

お客様より相談を頂きました。 商品ディスプレイ用の箱の、外装部品についてでした。 製作していた業者様が廃業してしまった様です。 現物品しかないが同じものを製作出来ないか?とのお話でした。 通常何かを製作する場合、必ず図面をもとに作業を行うのですが、今回のケースは「図面が無い」「図面以外にも製作にあたり必要な情報が少ない」というものでありました。 まずは現物を細かく検証し、図面にしなければスタート地