• 株式会社トミテック

貫通ナットを袋ナットに変更した解決事例。

皆様『袋ナット』をご存知でしょうか。

ナットの片面が閉じていて、ねじ穴が貫通していない六角ナットのことをいいます。

『キャップナット』や『化粧ナット』とも呼ばれます。

メッキ処理を行ったものを使用する事が多いのですが、どうしても『袋』形状になっている為、『袋』部分にメッキの液が溜まってしまいます。

ほとんどの場合それでも問題無く使用出来るのですが、どうしてもその『メッキ液の溜まり』を避けたい、と要望されるお客様がおりました。

袋ナットの使用を検討している箇所が電子回路に当たる部分であり、メッキ液溜まりが大きな不具合に繋がる可能性が非常に高い事がその理由でした。

しかし、既存の貫通ナットの使用は、また別の問題が有り出来ないそうです。

解決するにはメッキ処理済み貫通ナットに、後から蓋をするしかありません。


そこで弊社のプレス機を使用し、メッキ処理済貫通ナットに後から蓋をする方法を提案させて頂きました。

詳しい内容は明かせませんが、貫通ナットとアルミの板をプレス機にセット→打つ事により蓋をする事が出来るのです。


これで、袋ナット内のメッキ液溜まりが解決し、また、既存の様々なサイズのナットに対し同様の加工が出来る事もわかり、お客様に大変喜んで頂きました。




最新記事

すべて表示

お客様より相談を頂きました。 商品ディスプレイ用の箱の、外装部品についてでした。 製作していた業者様が廃業してしまった様です。 現物品しかないが同じものを製作出来ないか?とのお話でした。 通常何かを製作する場合、必ず図面をもとに作業を行うのですが、今回のケースは「図面が無い」「図面以外にも製作にあたり必要な情報が少ない」というものでありました。 まずは現物を細かく検証し、図面にしなければスタート地